FC2ブログ

九天(きゅうてん)

 九天(きゅうてん)は応用時盤では「天」と略します。凶格となる天地干や八門がめぐり合わさると、あらゆることが達成できなくなります。国であれば国策や外交の失敗が連続し、国力を低下させ民衆の反感をかいます。その結果、脱税や着服が増加し、それを取り締まることができなくなり革命が起こります。それならまだしも他国からの圧力や侵略に屈してしまい、領土や主権を奪われ国益を損ないます。企業においては、どんなに良い製品を市場に出してもマスコミから不当な評価をされて売れなくなります。また談合や既得権益の圧力にあって、売り上げを伸ばすことはできないばかりか、市場から排除されるように仕組まれることもあります。個人においては入学試験、コンクールなど競争の機会はたくさんありますが、コネや裏回しなどが横行して、せっかく実力があっても入賞することができません。スポーツでは応援や選手の待遇という点で相手チームよりも不利な状況に置かれ、実力は十分にあっても精神的に不安定になり負けてしまうでしょう。このような不平等な競争、悪意のある審査により心が捻じ曲がってしまいます。
 しかし、。吉格となる天地干や八門に囲まれると本来の意味の良い部分が出てきます。九天は一般的には目標達成、学力成就の象意があり、計画を実行し希望をかなえるとされます。国であれば国内政策や外交戦略が実現するということです。領土問題や資源問題などが解決され、その間におこなった努力が多くの国に認められるようになります。企業においては売り上げ目標などを上回る成果を出すだけではなく、そのことが社会全体を豊かにします。売り上げの一部は寄付され、企業イメージがあがります。私立の学校や塾では生徒の数が増えるとともに良質な講師を結集させることで、描いた教育を施すことができます。個人においては公正な判断のもとにその努力が実り、進学・入社をはたします。この象意は「公平・公正・平等」という象意もあります。従って、努力が正しく評価されるのでたとえ自身の願いや希望がかなえられなくても潔く認めることができると同時に、自身の未熟な技術や学力を向上すべく日々の練磨に真摯に取り組むことができるようになります。つまり負けることによる心の腐敗化は食い止められ、逆に負けることで自身を振り返りそれを強化しようとする精神的な成長が促されます。
 しかし、
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック