天輔星(てんほせい)

天輔星(てんほせい)は北斗七星の第4星にあたり(北極星に近いほうから見て4番目)ます。おおぐま座のδ星で学名はδ Ursae Majoris(略称はδ UMa)となります。一般的にはメグレス (Megrez)と呼ばれておりますが、『史記』「天官書」など正史の天文志では天権星、唐の密教教典『仏説北斗七星延命経』では文曲星(ぶんきょくせい)と呼ばれます。天輔星の定位は南東、4緑なので属性は「木」になります。文曲星という別名を持つことからも推定できるように、文章、芸術、学術などいわゆる文化系の象意があります。凶となる天地盤や門が周囲にめぐると、無学・無知・恥知らず・無作法となり周囲から軽蔑され避けられるようになります。また小手先のテクニックで進もうとするものの、すぐに壁に当たって失敗します。例えば小テストや中間・期末テストでよい点を上げても本番の受験では点数が取れませんし、成長期の会社では実績が出せても安定期の会社や経営難になった場合はそれを好転させる能力はありません。文書上の小細工や安易な詐欺を行なっても、すぐに暴かれ世間から信用をなくします。芸術関係では製作したものの意図が通用せず馬鹿にされ、奏でる音楽は周囲を不愉快にします。そして不幸にも文化系の作業は後々残るものが多いため、尾を引き、這い上がりにくくなります。ところが天地盤と吉門が良ければ、文章能力が上達して相手に正確で礼儀正しい対応ができるようになります。もともと文化系なので知的で学ぶことを好むわけですから博学となり、優雅で落ち着きがでてきます。学問に対する姿勢は誰もが手本とするわけですから、教師や師匠、医者、大学教授のような方は使いこなしたい星とも言えます。学生の場合は、その若さゆえ「知に」飢えた者のように貪欲に、体を壊さないかこちらが心配するほど学問や研究に取り組み始めることもあるので少し注意ですが、本人が取り組んでいる学問・文学・絵画・音楽などを通じて先人らからアドバイスをもらうあるいは指導されていくうちに、人の正しい生き方・あるべき姿も自然と身についていくことでしょう。そのようなコミュニティにぜひとも所属すべきです。条件の良い天地盤と吉門に囲まれた天輔星の方位を使うことで性格は温厚となり、心の動乱・癇癪・怒り・激高することもなくなり、逆に苦難や耐え難い出来事に直面しても逃げず、客観的に分析・解釈し、解決の糸口を見出せるようになるでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1500

紹介文:引越しや旅行の際に目的地の空間エネルギーを移動方位と時間帯から把握し、運気を上げる方法を「方位術」といいます。
そしてこれを研究する領域を「方位学」といいます。

方位学には様々な分野がありますが、中でも奇門遁甲(きもんとんこう)は効果が強いことが知られています。奇門遁甲では各方位の空間エネルギー状態を表す「方位盤」が年・月・日・時の4つの時間軸につくられています。この中でも各時間帯の空間エネルギー状態を示した「時盤」を利用しての移動は極めて強力な作用を発揮するとされます。このことは特に、引越しや時間での移動の多い現代人にとっては大変使いやすいということでもあります。さて、時間帯ごとの空間エネルギーを知るには「時盤」が必要になるわけですが、そこに書かれている五層も読みこなせなければなりません。時盤をつくり、さらに盤を読みこなすということは、これは大変煩わしことです。そんなことをやっていたのでは吉となる方位と時間帯を逃してしまうことになるでしょう。そこで各時間帯の8方位における吉凶の度合いを%で示した「応用時盤」をコンテンツとして提供します。

応用時盤は現代の地図に合わせてやすいように上を北にしました。この方位盤は5層すべてを表示しているので、多くの方位術に応用することができます。これまでは時盤のみで評価しておりましたが、さらにアップグレードし年・月・日盤も加味した評価数値で各方位の状況を表しました。もちろん年・月・日・時盤それぞれについて5層を表示していますから、時盤が必要ない方でも使用できます。このようにほぼすべての情報を網羅した形となります。

さあ、到着する場所の方位域、地域別時間補正、出発時刻を見極めより数字の高い方向へ移動しましょう。引越し、ビジネス、旅行など移動を伴うイベントにはぜひ吉方となる時間帯を。

このページはブロマガ(有料ページ)になります。
各バックナンバー(一ヵ月ごと)はいずれも1500円で何度でもご覧いただくことができます。

<お願い>
サーバーの使用量がオーバーする可能性、また作業効率の問題から基本的にその日を1週間以上経過した時盤は予告無しに削除させていただきます。あらかじめご了承下さい。見本は「カテゴリ」の「応用時盤見本」を参照してください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
Amazon
楽天
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック