甲辛 (きのえ-かのと) 試験・受験・入社試験・コンクール・試合

 この方角での試験あるいは、この方角に引越しや旅行した後での中間期末テストや実力テストでは、努力したにもかかわらずほとんど点数を取ることができません。出題される問題の見込み違いもありますが、徹夜や普通ではやらないような長時間の勉強をすることで疲れてしまい、記憶力や思考力が低下してまったく身に付かなかったというケースもあります。また困ったことに、以後のテストはじわじわと点数を下げていくことになります。

 高校や大学入試においても結果は散々なもの。試験会場から家までの距離が長ければ長いほど悪影響は大です。試験には絶対に合格するという意気込みで勢いよく取り組むものの、なんだか頭がふわふわして集中できません。そのうち時間がたってくるとあせってしまいますますパニックに陥り、普通なら明らかに解ける問題も手に付かなくなってしまいます。特に難しい問題に取り組んで、どうしょうもなくなることがあります。とくに模擬試験のデータで合格ラインに達していた学校さえも、あやうい状況で受かるか不合格となることがあります。ここはひとつ簡単な問題のみを全部解いてから、難しい問題に取り組みましょう。このやり方は入試問題を解くための鉄則ですが、この方位を使ったときは徹底するようにします。さもなければ、「難問・奇問パニック」に取り付かれることになります。

 ピアノやバイオリンのコンクールでもうまくいきません。演奏を始めた最初の段階で簡単なミスをすることになりますが、これをカバーしようと意気込むとかえって全体のバランスが悪くなり、ミスを誘発するようになります。ミスは無視するように心がける必要があります。人前で演奏する経験が多い方はミスをしても後の演奏に影響がでないようにする精神力を鍛えていますが、このときは動揺しやすいので注意が必要です。いずれにせよ審査員からはよい評価を得ることは難しいでしょう。また、音をはずすような致命的なミスがなかったとしても、表現がやりすぎ、自己流にアレンジしすぎと捉えられ、評価が下がる場合があります。強調しすぎることはなく無難な演奏を心がけるくらいでちょうどよいかもしれません。

 絵画においては全体構成のアイデアが出てこずにストレスがたまります。いろいろと向きになって作画していくうちに、泥沼の状態にはまってしまいます。毒々しさやけばけばした印象となり色彩・構造的アンバランスが目立つようになり、支離滅裂な絵となります。書画においても、止め・跳ね・掃いが妙に強調されすぎてしまい、大変読みにくい文字になってしまいます。

 スポーツや武道においては、勢いが増し、攻撃的になります。競争や点数を奪い合うようなタイプの種目では、このような精神状況は一般的に好ましいのかもしれませんが、この方位を使ってしまうとそこに冷静さや判断力が失われる傾向があります。ただ闇雲にボールを追いかけ、シュートし、なんでもいいから相手をつかんで投げ飛ばそうとする、自分の体の状態をよく考えずに全力で走る、などなど盲目的に突進することがあります。スポーツや武道は全体の調和が大切ですが、この原則から逸脱し、ただただ筋力に任せることで疲れてしまい、負けることになります。相手の頭脳戦にまんまとはめられて、ありえないほどの惨敗をきたすことになるでしょう。この方位での試合は戦えば戦うほど疲弊し、しかしやらないとやらないでさらに悪くなるという報われない状況です。いずれにせよ損害はありますが、保守的にしていなければ再起不能な状態陥ることになります。

 就職活動においては大変積極的に企業説明会に行ったり、その会場では相談や質問をするのはよいのですが、あまりにも自分を出してしまうので、マイナスになります。ただの説明会ではありますが、実は要注意でこの段階でチェックされ、以後どんなにエントリーシートを書いても門前払いになります。選考を通過して面接を受けることになった場合は、喜んで自己アピールについて考え、さらに面接練習などをしますが、当日は緊張のあまりうまくいかず、質問にも満足に答えられなくてがっかりすることになります。この方角での面接はあまり自己主張せず、大人しくするようにしたほうがよいでしょう。


スポンサーサイト
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1500

紹介文:引越しや旅行の際に目的地の空間エネルギーを移動方位と時間帯から把握し、運気を上げる方法を「方位術」といいます。
そしてこれを研究する領域を「方位学」といいます。

方位学には様々な分野がありますが、中でも奇門遁甲(きもんとんこう)は効果が強いことが知られています。奇門遁甲では各方位の空間エネルギー状態を表す「方位盤」が年・月・日・時の4つの時間軸につくられています。この中でも各時間帯の空間エネルギー状態を示した「時盤」を利用しての移動は極めて強力な作用を発揮するとされます。このことは特に、引越しや時間での移動の多い現代人にとっては大変使いやすいということでもあります。さて、時間帯ごとの空間エネルギーを知るには「時盤」が必要になるわけですが、そこに書かれている五層も読みこなせなければなりません。時盤をつくり、さらに盤を読みこなすということは、これは大変煩わしことです。そんなことをやっていたのでは吉となる方位と時間帯を逃してしまうことになるでしょう。そこで各時間帯の8方位における吉凶の度合いを%で示した「応用時盤」をコンテンツとして提供します。

応用時盤は現代の地図に合わせてやすいように上を北にしました。この方位盤は5層すべてを表示しているので、多くの方位術に応用することができます。これまでは時盤のみで評価しておりましたが、さらにアップグレードし年・月・日盤も加味した評価数値で各方位の状況を表しました。もちろん年・月・日・時盤それぞれについて5層を表示していますから、時盤が必要ない方でも使用できます。このようにほぼすべての情報を網羅した形となります。

さあ、到着する場所の方位域、地域別時間補正、出発時刻を見極めより数字の高い方向へ移動しましょう。引越し、ビジネス、旅行など移動を伴うイベントにはぜひ吉方となる時間帯を。

このページはブロマガ(有料ページ)になります。
各バックナンバー(一ヵ月ごと)はいずれも1500円で何度でもご覧いただくことができます。

<お願い>
サーバーの使用量がオーバーする可能性、また作業効率の問題から基本的にその日を1週間以上経過した時盤は予告無しに削除させていただきます。あらかじめご了承下さい。見本は「カテゴリ」の「応用時盤見本」を参照してください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
Amazon
楽天
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック