辛甲(かのと-きのえ) 概要

この方位を使うと、あなたの晴らしい才能や実力が認められず苦労することになります。能力を発揮してさきに進む、つまり飛躍しようとするときは不向きです。しかし、窮地に追い込まれて防御体勢になっているときはなんらかの援助を受け、切り抜けることができるでしょう。このように状況に応じて二通りの象意がありますが、応用時盤では「人生を切り開く」という観点で評価しているので、凶方位とします。「財産が無いので助けてほしい」、「急場しのぎをなんとしてでも」という場合は吉方位です。このときは八門が吉格ではなければなりません。具体的には開門(かいもん)、休門(きゅうもん)、 生門(せいもん) 、景門(けいもん)の4つが付随する時間帯を利用しましょう。「最近、ついていないことが多すぎる!」というときは吉方位なのでなんとか使えます。ただ調子よく進んでいるときは使用を避けるべき方位です。また最悪の事態を免れても、行く末は運勢が乱高下し不安定なので大々的な躍進は見込めません。自身の運気は弱くなり、さらに閉ざされてしまうため貴方の才能を発揮することができません。この状態は、太陽の光とは比べ物にならないほど小さな月光しかあたっておらず、しかも大きな木下にいるようなもの。しかし、親戚や友人あるいは自分を慕ってくれる人に助けられ大難を逃れるという象意もあります。そのように助けてくれる方は、周囲が闇に包まれればほのかに自分を照らす月明かりのようであり、また暴風を抑えてくれる松のようでもあります。自分は凶運であっても大樹の影で目立たず、大樹の下で荒れ狂う自然現象から守られるという感じでしょう。このように、辛甲には「才能が発揮できないもののピンチはなんとか切り抜けられる」という二相性があります。辛甲の象意名は「月下松影(げっかしょうえい)」となりますが、これは上述のように月と松のイメージからつけられたものとされます。
スポンサーサイト

辛甲(かのと-きのえ) 試験・受験・入社試験・コンクール・試合

中間期末テストや学力試験、入学試験あるいは資格・入社試験においては、実力が発揮できないので思ったような結果は出ません。特に複数の学校や会社を受けるときには前半はことごとく落ちます。スポーツや音楽では、普段の状況から期待される成績を大会やコンクールでとることはできません。しかし、辛甲の象意からすると滑り止めの学校やこの会社を落ちたら先が無いという状況のときは、うまくいくかもしれません。ただし、入れてもあなた自身の才能を開花することは難しいので早晩吉方位での移動をしたほうがよいでしょう。また勉強やスポーツ、音楽や絵画などの活動において、スランプに陥っているときはそれを打開するきっかけにはなりますが、これだけでは上にまで上り詰めることは難しいものです。運勢良化に強力な方位も用いなければ十分ではありません。

辛甲(かのと-きのえ) レジャー・楽しみ・余暇

遊びや旅行・レジャーについては活発になりますが、なぜか満足できません。普段よりも体が軽く、精神状態もよいためあれこれと動くのですが、なぜか自分が思うような状態になりません。登山やハイキング、サーフィン、ダイビングなどフィールド系の活動をしようにも途中あるいは直前に天候が悪化して中断せざるを得なくなったりします。遊園地では長い行列を待つことになり、結果としてアトラクションをあまり楽しめないことがあります。しかし、凶事が続いているときはこの方位を使った後にプラスになるので、現地で楽しめなくてもあまりがっかりする必要はないでしょう。

辛甲(かのと-きのえ) ビジネス・商売・交渉(仕事上)・投資

仕事において貴方は一生懸命に、というかむきになって企画・計画を立てるのですが、その姿が逆に反感をかってしまい評価されません。「あれだけやっているのにこの程度かよ」と能力を疑われます。営業においても顧客は貴方の誠意ある対応や努力をしっかりと受け止めてくれないので、いとも簡単にキャンセル、それもドタキャンを平然とすることがあります。開発であれば直前の設計変更が続き、気がつけばまた元に戻るという不思議な事態に。納期は遅れ、その原因を自分のせいにされ徒労感であふれます。しかし、失敗して大変な状態になっているときはそれを見かねた上司や同僚が助けてくれるでしょう。そのときは意地を張らずに素直に感謝し、相手の援助を受けるべきです。もともと貴方の才能を知っている上司であれば、場合によっては環境が悪いことを察して別のポストへ移動させてくれることもあります。ただこの状況が続くとどんどん貴方の評価が下がるので、何らかの方位策をとる必要があります。経営不振、倒産寸前に陥っている経営者の方が最悪の事態に陥ることを免れるために、この方位を使って対策をすることはよいことです。具体的には人材や商品探しに使うとよいでしょう。有能な人材や売れる商品、最先端の技術を導入することができ、業績が改善し、企業の雰囲気もよくなります。家族経営をやっている場合は、子息が事業・商売のよき後継者になってくれるでしょう。万が一倒産することになっても、借金を抱えたり夜逃げをする状態を避けることができます。あたかも空中で事故を起こした飛行機を不時着させ、乗員乗客すべてを怪我させることなく地上に戻すがごとく。逆に家族や金融機関、同業者からその閉めの経営手腕を高く評価されます。その後は攻めの方位を使い、運気を上げることが大切です。

辛甲(かのと-きのえ) 相談・依頼・交渉(個人)

この方位で何かしようと人に物事を頼んでも、あなた自身の実力や魅力が発揮できないのと、提案した内容のすばらしさが伝わないので苦労します。そのため焦り、無理をするようになるので逆に態度・内容が軽薄になり、相手から馬鹿にされて了承を得ることができなくなります。プライドを傷つけられるようなことを言われたり、罵声をあびせられることもありかなり凹み行かないほうがよかったと後悔します。あるいはこれを端にその人と疎遠になる可能性があります。しかし、あなた自身が窮地に追い込まれそれを何とかしようとお願いするケースでは、相手は見方になってくる確率が高いものです。「こいつはダメだから助けてやろう」という上から視線ですが、ここは甘んじて援助を受けましょう。逆にピエロを演じることができれば多くの支援を受けることができます。

辛甲(かのと-きのえ) 医療・介護・見舞い

疾患・疾病の治療のために病院にいくのはよいのですが、見てくれるお医者さんは連日の激務による疲れなのかプライベートな心配なのか、あるいは何か深い考え事をしているのか原因は様々ですが、診察や手術に集中できず誤った処置を取られる可能性があります。普段は判断力・技術ともに優れた先生もこのときはその能力を発揮することができません。一方、会話上手の貴方も自身の症状をうまく説明できず、先生と意思疎通をすることが難しくなります。また受付で渡された薬の種類や飲み方、自宅で気をつけることも忘れてしまいます。症状がとくに酷いときは親戚や友人など頼れる方についてきてもらいましょう。

辛甲(かのと-きのえ) 恋愛・家族計画

恋愛についても同様のことが言えます。この方位を使うとあなた自身にこともあろうか積極性が出てしまうのですが(才能が発揮できないのに積極的になるという不幸)、相手はあなたの欠点ばかり探し、馬鹿にします。こちらが身だしなみを整えてもしっかり計画をしても、一箇所でも気に入らないことがあれば見下されてしまいます。しかし、破局寸前でかつ相手のほうが優位のときは、この方位へデートに連れて行くことでなんとか取りつなぐこともできるかもしれません。愛情表現についてもいい結果をもたらしません。相手を喜ばせようとあれこれ考え学習し、体を鍛え上げるという普段の努力もむなしく、うまくいかず気まずい雰囲気となります。あるいはいつもは二人とも大変満足できるのに、この方位をつかったときはなんだかしっくりきません。しかし、二人にとって悪い状態の恋愛が続いているようなら、この方位を使うことでプラスに転じる可能性があります。この人を放したくないという切羽詰ったときには、この方位を試す価値はありそうです。

辛甲(かのと-きのえ) 買い物・購入(個人)

買い物の際は店員に相談しても軽く見られるためよいアドバイスをうけることができません。「この客はこの程度でいいや」程度にしかみてもらえないのです。提示される商品、サービス、料理はいずれも満足できるものではありません。また買い替えについては、前のものよりもスペックの高いもの、満足度の高いものを購入することは期待できません。しかし、ないと困る物については思わぬ良品を手に入れることができます。ただそれも一時的なもので、比較的早いうちに飽きてしまい、買いなおすことになるでしょう。
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1500

紹介文:引越しや旅行の際に目的地の空間エネルギーを移動方位と時間帯から把握し、運気を上げる方法を「方位術」といいます。
そしてこれを研究する領域を「方位学」といいます。

方位学には様々な分野がありますが、中でも奇門遁甲(きもんとんこう)は効果が強いことが知られています。奇門遁甲では各方位の空間エネルギー状態を表す「方位盤」が年・月・日・時の4つの時間軸につくられています。この中でも各時間帯の空間エネルギー状態を示した「時盤」を利用しての移動は極めて強力な作用を発揮するとされます。このことは特に、引越しや時間での移動の多い現代人にとっては大変使いやすいということでもあります。さて、時間帯ごとの空間エネルギーを知るには「時盤」が必要になるわけですが、そこに書かれている五層も読みこなせなければなりません。時盤をつくり、さらに盤を読みこなすということは、これは大変煩わしことです。そんなことをやっていたのでは吉となる方位と時間帯を逃してしまうことになるでしょう。そこで各時間帯の8方位における吉凶の度合いを%で示した「応用時盤」をコンテンツとして提供します。

応用時盤は現代の地図に合わせてやすいように上を北にしました。この方位盤は5層すべてを表示しているので、多くの方位術に応用することができます。これまでは時盤のみで評価しておりましたが、さらにアップグレードし年・月・日盤も加味した評価数値で各方位の状況を表しました。もちろん年・月・日・時盤それぞれについて5層を表示していますから、時盤が必要ない方でも使用できます。このようにほぼすべての情報を網羅した形となります。

さあ、到着する場所の方位域、地域別時間補正、出発時刻を見極めより数字の高い方向へ移動しましょう。引越し、ビジネス、旅行など移動を伴うイベントにはぜひ吉方となる時間帯を。

このページはブロマガ(有料ページ)になります。
各バックナンバー(一ヵ月ごと)はいずれも1500円で何度でもご覧いただくことができます。

<お願い>
サーバーの使用量がオーバーする可能性、また作業効率の問題から基本的にその日を1週間以上経過した時盤は予告無しに削除させていただきます。あらかじめご了承下さい。見本は「カテゴリ」の「応用時盤見本」を参照してください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
Amazon
楽天
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック