癸乙の概要

癸乙(みずのと・きのと)は梨花春雨(りかしゅんう)あるいは と言われます。梨花(りか)とは梨の花のことです。春雨(しゅんう)とは春先に降る静かで細かい雨のことです。冬が終わり季節が春になると、それまでの凍てつくような冷たさがなくなります。暖かい雨ではありませんが、春を思わせる、明るさがあります。春雨の一番の特徴は生命感ではないでしょうか。春雨に潤された木々や草の緑はいのちにあふれています。癸乙はまさにこのようなイメージです。この方位を使うと、それまで真面目に一生懸命取り組んできた人は昇給や昇進の喜びがあります。事業経営者は資金繰りがよくなります。製造業では研究開発で成功するようになります。不動産売買や投資信託・株で予想以上の利益を上げることもあるでしょう。自分の労働以上の経済効果があります。未婚でそれまで全く結婚とは縁のなかった人は、まじめな交際を経て結婚のチャンスをつかむこともあります。それまで仲の悪かった夫婦にも平安が訪れ、夫婦円満の生活を送れるようになります。このように人生の喜びや楽しい出来事が多くなる方位です。ただし、楽をして喜びを得るような状態が続くので、困難に向う姿勢や忍耐力が弱まる、あるいは育成されないので注意が必要です。気を抜くと大変なことがあるというのもこの方位の特性です。とくに若い人は、この方位を使ったときには、良いことがあっても意識的に自らに課題を課して鍛えることが必要です。まさに「勝って兜の緒を締めよ」ということわざの通りです。また、過度の喜びは自らを滅ぼすことがあります。実は梨花春雨とは、「梨花一枝春雨を帯ぶ(りかいっしはるさめをおぶ)」の諺(ことわざ)の略とも言われています。この諺は、一枝の白い梨の花が春の雨に濡れているということで、美しい人の悲しむ姿を例えた言葉とされます。栄華を極めた楊貴妃の魂が、かなしくむせび泣く様子を春雨に濡れる梨花に例えた「長恨歌」という文学作品があるのですが、これの引用です。癸乙はその強さゆえに扱う側に強い自律性が求められます。
スポンサーサイト
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1500

紹介文:引越しや旅行の際に目的地の空間エネルギーを移動方位と時間帯から把握し、運気を上げる方法を「方位術」といいます。
そしてこれを研究する領域を「方位学」といいます。

方位学には様々な分野がありますが、中でも奇門遁甲(きもんとんこう)は効果が強いことが知られています。奇門遁甲では各方位の空間エネルギー状態を表す「方位盤」が年・月・日・時の4つの時間軸につくられています。この中でも各時間帯の空間エネルギー状態を示した「時盤」を利用しての移動は極めて強力な作用を発揮するとされます。このことは特に、引越しや時間での移動の多い現代人にとっては大変使いやすいということでもあります。さて、時間帯ごとの空間エネルギーを知るには「時盤」が必要になるわけですが、そこに書かれている五層も読みこなせなければなりません。時盤をつくり、さらに盤を読みこなすということは、これは大変煩わしことです。そんなことをやっていたのでは吉となる方位と時間帯を逃してしまうことになるでしょう。そこで各時間帯の8方位における吉凶の度合いを%で示した「応用時盤」をコンテンツとして提供します。

応用時盤は現代の地図に合わせてやすいように上を北にしました。この方位盤は5層すべてを表示しているので、多くの方位術に応用することができます。これまでは時盤のみで評価しておりましたが、さらにアップグレードし年・月・日盤も加味した評価数値で各方位の状況を表しました。もちろん年・月・日・時盤それぞれについて5層を表示していますから、時盤が必要ない方でも使用できます。このようにほぼすべての情報を網羅した形となります。

さあ、到着する場所の方位域、地域別時間補正、出発時刻を見極めより数字の高い方向へ移動しましょう。引越し、ビジネス、旅行など移動を伴うイベントにはぜひ吉方となる時間帯を。

このページはブロマガ(有料ページ)になります。
各バックナンバー(一ヵ月ごと)はいずれも1500円で何度でもご覧いただくことができます。

<お願い>
サーバーの使用量がオーバーする可能性、また作業効率の問題から基本的にその日を1週間以上経過した時盤は予告無しに削除させていただきます。あらかじめご了承下さい。見本は「カテゴリ」の「応用時盤見本」を参照してください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
Amazon
楽天
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック