癸癸の概要

癸癸(みずのと・みずのと)は伏吟天羅(ふくぎんてんら)あるいは天網四張(てんもうしはり)と言われ、その意味するところは悪いことが幾重にも重なるということです。この方位を使うと病気やケガに見舞われることが多く、しかも重症化する傾向にあります。よって子供や老人は十分な注意が必要です。離別の意味があり、旅行先では同伴者と離れてしまうまだまだしも大切な人を失う可能性も高くなります
スポンサーサイト

癸癸ケースレポート1

友人と癸癸の方角に位置するショッピングモールに行ってしまいました。そのとき一緒に行った友人は途中まで一緒にいろんな商品を見ていたのに、気が付いたら隣にはいなく周りにもいなくなっていました。仕方なく電話をかけ連絡を取ろうと試みたのですが、がつながらなず、友人とはぐれた場所で待つことにしました。待つていると友人から電話がかかってきたので、今の私の場所を伝えました。その後、無事再会することができたのですが、来るまでに相手も道に迷ったらしく、かなり時間がかかりました。そのおかげで、その後の予定は崩れてしまい、せっかくの楽しい一日が残念な一日になってしまいました(田中)。

癸癸ケースレポート2

実習先が癸癸の方角に位置する病院で一週間行かなければなりませんでした。しかし、病院に行き実習を行っていると、体がだるく感じたり、悪心を感じたり、患者さんから心無いことを言われたりと散々な目にあいました。一番ショックだったのが、実習初日は比較的元気だった患者さんが、実習最終日に亡くなられたことでした。実習先は選べないので仕方のないことだとは思いますが、いろいろな策をたてて臨むべきだと感じました(看護学生、18歳)。

癸癸ケースレポート3

癸癸の方角に部活の大会で自転車に乗で向かうことになりました。試合会場に向かう途中に、狭い道を猛スピードで私のわきを通る大きな車が一台。その車から避けようと思いハンドルを切りバランスを崩し転倒し、膝と肘を大きくすりむいた。試合の最中は膝と肘が動くたびに痛みが伴いプレイどころではなかった。試合結果も過去最低で最後の試合はとても悔しいものになってしまった(元陸上部、ランナー21)。

癸癸ケースレポート4

友達と癸癸の方角にある公園の遊具で遊んでいると、突然友達が何も言わずに私の背中を押してきた。私は友達に押された衝撃で遊具から落下し、利き手である右ひじを粉砕骨折してしまいました。私は泣きながら、慌てて母親のもとへ助けを求めにゆき、近くの行院に行ったのですが重症だったらしく、ここでは処置の施しようがないと言われ、処置の可能な病院を紹介してもらいました。すぐに行けるのかと思いきや、翌日紹介してもらった病院に行きました。けがをしてから一日たった腕はパンパンに腫れ上がり、歩くのでさえも振動が腕に伝わり激痛をともなっていました。そして、その病院ですぐ手術をしてもらいました。しかし、現在でも後遺症は残っており、けがをした右手は左手に比べると間接の曲がり具合が異なります。また、冬場や夏場のエアコンの効いた室内に長時間いますと、痛みが伴います(奥村裕子、30)。

癸癸ケースレポート5

昔のことになりますが、親友と癸癸の方角にある国立公園に遊びに行くことになりました。当時から奇門遁甲をやっていたので、その方角はよくないことはわかっていたのですが、遊びたい気持ちのほうが優先していたのもまた事実でした。なんかまずいかなあと思いつつも、その日は天気が良く遊ぶには最高の陽気でした。そういうこともあり、凶方位であることもすっかり忘れて友人と駅で待ち合わせし、電車で公園に向かいました。その公園の奥には山があったのですが、なんのけなしに山に探検しに行こうということになりました。最初は二人で学校のことや部活のことを話しながら楽しく山探検をしていたのですが、下りのときでしょうか、「グキ」という感じで私は思いっきり捻挫してしまいました。そのあとは足を引きずるようにして歩いていたのですが、歩くのがつらいので引き返すことにしました。そのすぐ後に友人は足を滑らせ転落し、階段をつくっている木材の角に脚をぶつけてしまいました。勢いがよかったようでかなり出血するはめに。どうしょうもないので、切ってしまいました。あろうことか二人してケガをして下山という。しかも、降りている途中でスコールに見舞われるという。土砂降りのなかを足を引きずって帰る悲惨な状況になりました。帰りながら「あ~やっぱり当たるもんだな」と思ったものです。ただ、今思うと友達が足を滑らせたときに、脚を切るだけで済んだことは不幸中の幸いだなと感じます(鈴木浩平、47)。

癸癸ケースレポート6

昔、家族旅行で癸癸の方角に行きました。あろうことか、行きの車中のなかの強い冷房で体調を崩しました。そしてホテルについても回復せず、楽しみにしていた海にも入ることができなかったり、おいしそうな料理も進まなかったりして旅行一日目が終了してしまいました。二日目の朝、体長は良くなりトロッコに乗ることになりました。私は後ろにいた兄と握手をしようとしたつもりで腕を伸ばしました。しかし、兄は私の腕を軽く引っ張ってしまいました。幼少の頃の腕は関節が抜けやすいため脱臼が起こりやすいのです。その結果、綺麗にきれいに引っ張られたので腕の関節が抜け激痛で泣きながらトロッコが終わるのを持ちました。すぐに車で近くの病院を探しましたが、どこも休日で病院はやっておらず、仕方なく接骨院で関節を入れてもらいました。私の母は、保険証をこの日は持ってきておらず、全額自己負担となりかなりの治療費になってしまいました。このときの家族旅行はとても苦く、ある意味忘れられないものとなりました(おもいでボロボロ、36)。

癸癸ケースレポート7

癸癸の方角にあるデートスポットに彼と行くことになりました。そこの場所はカップルや夫婦が多く大変にぎわっていました。私は人が多い場所は好んでいくタイプではなく、むしろこのような場所は苦手でした。しかし、そのことを彼に伝えることができずに来てしまいました。私は人がたくさんいることで人酔いしてしまいました。最初は気を遣つてくれていた彼ですが、だんだん自分のプラン通りにいかずにイライラし初め、徐々に二人の間に重い空気が漂い始めました。優しかった彼が怖い顔をして私を見てくるので、怖くなりその日は早めに帰宅することにしました。それから、彼とうまくいかず、喧嘩が増えてしまい、別れてしまいました(斎藤優子、20)。

癸癸ケースレポート8

癸癸の方角にある体育館に友達のバスケの練習を付き合うことになり行きました。そこの体育館の隣のコートで練習をしていた男子と仲良くなり連絡先を交換しました。数日後、その人からLineが来て映画を見に行くことになりました。映画の帰りに告白をされ付き合うことになりました。しかし、その人は束縛が激しかったり、嫉妬深く、私が勉強中といっても構わず電話やメールをしてきました。私は耐えきれなくなり別れることを伝えました。そうしたら男子のほうから、「自分は、もう死にたい」などというメールが送られてくるようになりました。さらに厄介なことは、ストーカー行為でした。待ち伏せや他人に成りすまし連絡を取ろうとされたり、わざわざ私の住んでいる近くに引っ越してきたりなど恐怖を覚えるようなことばかりされました。それからは、信頼できる方に相談をしたおかげで、ストーカー行為はなくなりましたが、この数か月間は本当に精神的に大きなストレスになり、大きな損失となりました。私の青春かえせ(女子バスケ部、17)。
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1500

紹介文:引越しや旅行の際に目的地の空間エネルギーを移動方位と時間帯から把握し、運気を上げる方法を「方位術」といいます。
そしてこれを研究する領域を「方位学」といいます。

方位学には様々な分野がありますが、中でも奇門遁甲(きもんとんこう)は効果が強いことが知られています。奇門遁甲では各方位の空間エネルギー状態を表す「方位盤」が年・月・日・時の4つの時間軸につくられています。この中でも各時間帯の空間エネルギー状態を示した「時盤」を利用しての移動は極めて強力な作用を発揮するとされます。このことは特に、引越しや時間での移動の多い現代人にとっては大変使いやすいということでもあります。さて、時間帯ごとの空間エネルギーを知るには「時盤」が必要になるわけですが、そこに書かれている五層も読みこなせなければなりません。時盤をつくり、さらに盤を読みこなすということは、これは大変煩わしことです。そんなことをやっていたのでは吉となる方位と時間帯を逃してしまうことになるでしょう。そこで各時間帯の8方位における吉凶の度合いを%で示した「応用時盤」をコンテンツとして提供します。

応用時盤は現代の地図に合わせてやすいように上を北にしました。この方位盤は5層すべてを表示しているので、多くの方位術に応用することができます。これまでは時盤のみで評価しておりましたが、さらにアップグレードし年・月・日盤も加味した評価数値で各方位の状況を表しました。もちろん年・月・日・時盤それぞれについて5層を表示していますから、時盤が必要ない方でも使用できます。このようにほぼすべての情報を網羅した形となります。

さあ、到着する場所の方位域、地域別時間補正、出発時刻を見極めより数字の高い方向へ移動しましょう。引越し、ビジネス、旅行など移動を伴うイベントにはぜひ吉方となる時間帯を。

このページはブロマガ(有料ページ)になります。
各バックナンバー(一ヵ月ごと)はいずれも1500円で何度でもご覧いただくことができます。

<お願い>
サーバーの使用量がオーバーする可能性、また作業効率の問題から基本的にその日を1週間以上経過した時盤は予告無しに削除させていただきます。あらかじめご了承下さい。見本は「カテゴリ」の「応用時盤見本」を参照してください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
Amazon
楽天
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック