乙癸(きのと-みずのと) 試験・入試・コンクール・スポーツ・入社試験

 乙癸(きのと-みずのと)に引越しや旅行した後での中間期末テストや実力テストでは、努力をしたのにも関わらず、思うように点数がとれません。その原因の一つは、わからないことに対する自信のなさ。数学や物理の計算問題や英語では文法問題、社会や理科では用語の暗記など人によって不得意な部分があると思いますが、この方位を使うと自分の不得意な部分について意識が向ってしまいます。本来であれば他の問題を確実に解くことで点数につなげることができるのですが、このときはマイナス部分をどうにかしようとするためパニックに陥ります。他に時間をかけることができず実力を発揮することができません。わからない問題があったら、そこで立ち止まらず他の問題にとりくむようにしましょう。また、思春期によくある悩み、例えば恋愛や将来への不安、家族の不仲あるいは友達とのトラブルが意識を覆ってしまい、テスト中にそれがよぎって集中できなくなることがあります。また、この方位を使うとそれまでうまくいっていたことが飽きる、あるいは嫌になることがありますが、勉強にそのような悪影響が出ることがあります。この方位は使わないに越したことはありません。中学校や高校、大学入試でも同様の傾向があり、それまで受験勉強した成果を出すことが困難になります。テスト中に頭がぼんやりしてしまうのがこの方位の特徴です。
 音楽関係でも失敗する可能性が高く、貴方の実力を発揮することが難しいものです。同様に精神的な悩みにより練習が十分にできない、あるいは演奏に集中できないためステージに上がるとますます緊張してしまいます。その結果自信がなくなり、メリハリのついた曲調の音楽ではなんとなくぼんやりとした、勢いのある表現をしなければならないのにふにゃふにゃとした演奏をしてしまうので評価が低くなります。それによってますます音楽が嫌いになるということもあるので、メンタル面での注意が必要です。
 絵画や写真についても貴方の自信のなさが全面的にでてしまいます。製作時間の不足によるものか、勉強不足か、あるいは人間関係のもつれか…。理由はさまざまですが、作品自体が消極的になります。そのまま精神疾患に陥り、制作活動を断念せざるを得ない状況になることがあるので、無理をしないで吉方を使うようになりましょう。
 スポーツや武道においては、この方位の影響は顕著に現れます。試合だけではなく普段の練習でも集中と緊張が要求されますが、思いっきり取り組むことができなくなります。これまでの練習の成果が出ない、なんとなくつまらなくなってしまったなど気分が乗らない状態が続くようになります。その結果、技能レベルが落ちていきます。仲間や監督・師匠が貴方を見る目も厳しくなり、それを通りすぎるとあきらめになるでしょう。また、同時に集中していないので怪我をしやすくなります。陸上やバスケットボールであれば捻挫や筋肉断裂、サッカーや野球であればボールを顔面で受けてしまう、スキーや柔道では骨折、テニスでは腱鞘炎など例を挙げるときりがありません。その事故がきっかけで後遺症が残るあるいは治療期間の安静状態が習慣になってしまい、そのままスポーツからフェードアウトすることもあります。フィギュアスケートやダンス、舞踊などでは体形の維持も重要なことですが、この方位を使うと気が緩んでしまい、体重増加の一途をたどるはめになります。意識しない生活が筋力や体形に影響を及ぼすことになります。メンタルトレーニングあるいはカウンセリングを受けるようにしましょう。
 入社試験においては、面接時にドアを開けた瞬間に不採用となることがあります。なぜなら自信のなさが前面に出てしまっているからです。また、面接のやり取りではあやふやな知識や動機が露呈してしまい、支離滅裂なことを言ってしまいます。相手は面接のプロ。この方位を使ってしまうと、取り繕うことは無理です。

続きを読む

スポンサーサイト
カテゴリ
ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1500

紹介文:引越しや旅行の際に目的地の空間エネルギーを移動方位と時間帯から把握し、運気を上げる方法を「方位術」といいます。
そしてこれを研究する領域を「方位学」といいます。

方位学には様々な分野がありますが、中でも奇門遁甲(きもんとんこう)は効果が強いことが知られています。奇門遁甲では各方位の空間エネルギー状態を表す「方位盤」が年・月・日・時の4つの時間軸につくられています。この中でも各時間帯の空間エネルギー状態を示した「時盤」を利用しての移動は極めて強力な作用を発揮するとされます。このことは特に、引越しや時間での移動の多い現代人にとっては大変使いやすいということでもあります。さて、時間帯ごとの空間エネルギーを知るには「時盤」が必要になるわけですが、そこに書かれている五層も読みこなせなければなりません。時盤をつくり、さらに盤を読みこなすということは、これは大変煩わしことです。そんなことをやっていたのでは吉となる方位と時間帯を逃してしまうことになるでしょう。そこで各時間帯の8方位における吉凶の度合いを%で示した「応用時盤」をコンテンツとして提供します。

応用時盤は現代の地図に合わせてやすいように上を北にしました。この方位盤は5層すべてを表示しているので、多くの方位術に応用することができます。これまでは時盤のみで評価しておりましたが、さらにアップグレードし年・月・日盤も加味した評価数値で各方位の状況を表しました。もちろん年・月・日・時盤それぞれについて5層を表示していますから、時盤が必要ない方でも使用できます。このようにほぼすべての情報を網羅した形となります。

さあ、到着する場所の方位域、地域別時間補正、出発時刻を見極めより数字の高い方向へ移動しましょう。引越し、ビジネス、旅行など移動を伴うイベントにはぜひ吉方となる時間帯を。

このページはブロマガ(有料ページ)になります。
各バックナンバー(一ヵ月ごと)はいずれも1500円で何度でもご覧いただくことができます。

<お願い>
サーバーの使用量がオーバーする可能性、また作業効率の問題から基本的にその日を1週間以上経過した時盤は予告無しに削除させていただきます。あらかじめご了承下さい。見本は「カテゴリ」の「応用時盤見本」を参照してください。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

海原竜輝

Author:海原竜輝
とある研究所にて生体防御について研究しています。吉方にいくと地球を取り巻く良好な空間エネルギーを取り込むことができ、病気が治癒したり症状が緩和することがあるようです。空間エネルギーはいわゆる「気」であり、水を介して身体に入る性質があります。人体に気を入れ込むには空気を介すこともできるのですが、水を介したほうが効率がいいそうです。水の比熱が高いことは知られていますが、気を溜め込む容量も多いのかもしれません。

カウンター
最新記事
Amazon
楽天
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック